ZEHビルダーに登録されました

ZEHビルダーに登録されました

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEHの家を建てるには?

断熱によってエネルギーロスを最小限にし、家で消費する電力量を減らし、その消費エネルギーよりも多くのエネルギーを作り出す……断熱・省エネ・創エネの3つのバランスが取れる家を建てることが重要です。

ZEH_断熱ZEH_省エネZEH_創エネ

ZEH補助金

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、2012年から国が補助金を出し、普及の促進をしています。

ZEH補助金
※1 平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
※2 上限50万円、または蓄電システム価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEHの推進

ZEHは日本のみならず世界中で推進されています。
これは、地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっているなか、住宅の省エネルギー化も最重要課題の一つとして位置づけられているためです。

日本では政府が
・2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすること
・2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現すること
を目標とし、ZEHを推進しています。

ZEHビルダー登録とは?

エネルギー基本計画で決定された日本の目標である「2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすること」、「2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現すること」を達成する為、本年度、経済産業省がその趣旨や意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店等を「ZEHビルダー」と定め、公募を始めました。


平野木材は「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、見事承認され、2020年度に向けたZEH普及率の目標を策定しました。

平野木材のZEH : 2020年までの普及目標

平野木材では、ZEHを、平成32年度までに50%まで普及させることを目標にしております。
ZEH 2020年までの普及目標

具体的なZEH普及策

ZEHの周知・普及に向けた具体策
まず自社商品にZEH仕様を設定します。それをホームページやブログ、広告媒体等で広くPRし、ZEH住宅のメリットである、「快適性」「健康の向上」「光熱費の節減」等を分かりやすく伝える努力をします。
そして、完成見学会等でお客様に実際のZEH住宅を体感していただく事で、より一層の普及に努めます。
ZEHのコストダウンに向けた具体策
出来る範囲で、住宅のプランを標準規格化することによって、建築コストの軽減に努めます。
また自社で、「1次エネルギー消費量」「外皮計算」「光熱費シュミレーション」などを行い、オーバースペックになることを避け、その家に最適な仕様や設備の提案をし、不要なコストを軽減します。
その他の取り組みなど
平野木材では、「省エネルギー」と「パッシブデザイン」をバランスよく設計することに注力します。
気密断熱性を上げるだけではなく、夏の日射遮蔽、冬の日射熱利用、自然風の利用などで、快適な住まいを提供します。パッシブデザインはZEHのコストダウンにもつながると考えます。

平野木材のパッシブデザインの取り組みについてはこちらから


知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. ZEHビルダーに登録されました