ご挨拶

株式会社 平野木材 代表取締役社長 藤井謙昌弊社は「材木屋」として昭和23年に創業して以来、おかげさまで60年以上、地域の皆様に支えられ今日まで発展してまいりました。そして、私自身、材木屋の3代目として、この奈良の地に生まれ、幼い頃から「木の良い香りと暖かさ」に囲まれて育ちました。自然と家業を継ぎ、木材問屋として木と向き合い、また木の良さを肌で感じながら仕事をしてまいりました。


■時代とともに・・・
家業を継いだ当時の「家づくり」は、地元の木材をふんだんに使用し、壁は土壁で仕上げ、地元の腕の良い大工さんがじっくりと時間をかけて行われていました。しかし、時代とともに「洋風化」が進み、「スピード化」が進み、「工業製品化」が進み、気が付けば「貼り合せた木」や「外国の木」や「ビニール製品」で家が作られるようになり、日本の家から「本物の木」が追い出されていました。

■木への想い
今では確かに住宅の質は向上しましたが、やはり「貼り合せた木」や「鉄」で家を建て、「ビニール製品」で仕上げた家が、大手メーカーでは当たり前のように驚くほどの高価格で販売され、かたや、「ローコスト住宅」という名のもと、「スピード」と「安さ」だけを売り物にした、「形だけの家」があちこちで建てられています。
私が「材木屋」から「建築屋」に変わった理由はここにあります!
「本物の木」を使った、「日本の木」を使った家づくりがしたい!


■家への想い
木の良さを活かし、そして現代の家にもマッチする「気の使い方」が必ずあります。
「本物の木」を使い「自然素材」で仕上げた家でも、適正な価格で建てることができるはずです。

そんな「熱い想い」を持って日々努力を重ねています。そして「お客様との対話を大切に」ということを会社のモットーとして家づくりをさせていただいています。

こんな私たちに「夢のお手伝い」をさせていただけませんか?
地元密着の小さな会社だからできる家づくりがあるはずです。
是非、ゆっくりとお話をしましょう。
そして、安心してお任せください。


株式会社 平野木材 代表取締役社長 藤井謙昌

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 会社案内ご挨拶