2016年10月25日

自然に楽に片づく暮らしをめざす家づくり

セミナーは、ご希望があれば随時開催しております。
ご希望の方は、お問い合わせフォーム、またはお電話(0744-32-2266)でお申込み下さい。


新築してから後悔する項目

新築してから後悔する項目
収納・間取りは、常に頭を悩ます問題です。

家を建ててから後悔する項目の第1位が群を抜いて「収納・間取り」です。

でも、どうしてこんな事になるのでしょうか?

収納に対する意識の低さと、「どこにどれだけの収納が必要か。どのような大きさの収納があれば快適に暮らせるのか?」がわからないまま家を建ててしまっているからなのです。

新築でもリフォームでも、
事前に収納について考えプランニングすることで、満足のいく暮らしやすい家が建てられます。



暮らしやすさを左右する収納
たかが収納されど収納
心地よい暮らしの実現へ

自分を知ることからはじめましょう


自分を知ることからはじめましょう
人は自分を知っているようで、案外本当の気持ちに気づいていないことが多いものです。
・どんな暮らしを望んでいるのか?
・どんな人生を送りたいのか?
・大切にしている事は?
・どんな時に幸せを感じるのか?
・暮らしの中のストレスは?

たくさんのお話を伺い、お客様が本当に望んでいる暮らしをかなえる為にどんな収納や間取りが必要かを、専門スタッフがプランニングいたします。

オーガナイズという手法による収納を考える


オーガナイズという手法


ライフオーガナイズとは


ライフオーガナイズは、1980年代後半に、アメリカで生まれた整理のプロ「プロフェッショナル・オーガナイザー」の概念やノウハウを、日本人向けにアレンジした考え方。理想の暮らしへと近づくための仕組みづくりです。

片づけや整理収納をする前に、「どんな生活がしたい?」「どんな人生を送りたい?」など、自分にとっての「大切・必要・好き」を探ることで、自然と自分に必要なモノや、今やるべきことを考えます
「捨てるからはじめない片づけ方」「見た目のキレイより心地よさを優先する」を提唱していることもポイントのひとつです。

住まいでいうなら、片づけ~整理整頓~収納がすべてスムーズに流れる仕組みを作ること。
必要なものがすぐに取り出せて、来客にもあわてない、散らかってもまたすぐもとに戻せる暮らし。
自然に楽に家が片づく暮らしの仕組みづくりです。


収納や片づけに悩まないことで、気持ちと時間に余裕が生まれ暮らしの質が高まります。

平野木材では、ライフオーガナイザー1級のスタッフ、またはレジデンシャルオーガナイザーがお客様にぴったりの収納をプランニングいたします。


※ レジデンシャルオーガナイザーとは?
Residence【住宅・邸宅】 Organizer【組織する・計画準備する・体系づける・まとめる】
ライフオーガナイザーを取得し、さらに建築やインテリアの専門知識をいかして「片付かない家をなくしたい!」という想いを持つ、片付け+インテリア・空間設計のプロフェッショナルです。


2016年10月24日

こだわりの数寄屋風門屋


平野木材実績Y様邸
「数寄屋風門屋」を建てるという、お施主様の長年の夢のお手伝いをさせていただきました。
吉野ひのきの美しさが際立ちます。
母屋と距離を取って門屋を建てることで、本格和風住宅が一層引き立ちました。


お問合せ・ご相談

2016年10月23日

くらしを楽しむご家族の「木の住まい」


平野木材実績N様邸
くらしを楽しむご家族の「木の住まい」の完成です。
奈良県の無垢の木をふんだんに使った家には、薪ストーブやクライミングウォールなど、アウトドア好きのご夫婦の工夫がいっぱい。
暮らしを楽しみ、家族と共に年を重ね、深みを増してゆく……、そんな家ができました。
建物タイプ・間取り ナチュラル住宅 3LDK
床面積 延床 97.4㎡  1階67.07㎡ 2階30.33㎡
ポイント 床・壁・天井に木をふんだんに使った吹き抜けのある広いLDK
リビング内の土間  クライミングウォール
エネルギー ガスコンロ  薪ストーブ
市街を見渡せる絶好のロケーション木がふんだんに使われて森の中にいるようです開放感の溢れるリビング作りつけの収納階段まわりも開放感がありますキッチンにも大容量の作りつけ収納を取り付けました光の差し込む清潔感のあるキッチン吉野桧の床板が綺麗な玄関キッチンからの動線が便利な洗面所ダーク色の壁とホワイトの浴槽が落ち着きと清潔感を演出しますイレのドアは引き戸にしました木の壁が落ち着く寝室2階の個室も木の香りいっぱいです2階の個室も木の香りいっぱいです施主様こだわりの薪ストーブ庭では薪割りができます


お問合せ・ご相談

2016年10月22日

ZEHビルダーに登録されました

ZEHビルダーに登録されました

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEHの家を建てるには?

断熱によってエネルギーロスを最小限にし、家で消費する電力量を減らし、その消費エネルギーよりも多くのエネルギーを作り出す……断熱・省エネ・創エネの3つのバランスが取れる家を建てることが重要です。

ZEH_断熱ZEH_省エネZEH_創エネ

ZEH補助金

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、2012年から国が補助金を出し、普及の促進をしています。

ZEH補助金
※1 平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
※2 上限50万円、または蓄電システム価格の1/3のいずれか低い金額。

ZEHの推進

ZEHは日本のみならず世界中で推進されています。
これは、地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっているなか、住宅の省エネルギー化も最重要課題の一つとして位置づけられているためです。

日本では政府が
・2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすること
・2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現すること
を目標とし、ZEHを推進しています。

ZEHビルダー登録とは?

エネルギー基本計画で決定された日本の目標である「2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすること」、「2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現すること」を達成する為、本年度、経済産業省がその趣旨や意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店等を「ZEHビルダー」と定め、公募を始めました。


平野木材は「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、見事承認され、2020年度に向けたZEH普及率の目標を策定しました。

平野木材のZEH : 2020年までの普及目標

平野木材では、ZEHを、平成32年度までに50%まで普及させることを目標にしております。
ZEH 2020年までの普及目標

具体的なZEH普及策

ZEHの周知・普及に向けた具体策
まず自社商品にZEH仕様を設定します。それをホームページやブログ、広告媒体等で広くPRし、ZEH住宅のメリットである、「快適性」「健康の向上」「光熱費の節減」等を分かりやすく伝える努力をします。
そして、完成見学会等でお客様に実際のZEH住宅を体感していただく事で、より一層の普及に努めます。
ZEHのコストダウンに向けた具体策
出来る範囲で、住宅のプランを標準規格化することによって、建築コストの軽減に努めます。
また自社で、「1次エネルギー消費量」「外皮計算」「光熱費シュミレーション」などを行い、オーバースペックになることを避け、その家に最適な仕様や設備の提案をし、不要なコストを軽減します。
その他の取り組みなど
平野木材では、「省エネルギー」と「パッシブデザイン」をバランスよく設計することに注力します。
気密断熱性を上げるだけではなく、夏の日射遮蔽、冬の日射熱利用、自然風の利用などで、快適な住まいを提供します。パッシブデザインはZEHのコストダウンにもつながると考えます。

平野木材のパッシブデザインの取り組みについてはこちらから


2016年10月16日

完成見学会のご案内 2016年11月

平野木材完成見学会

『くらし楽しむ、木の住まい。
ひのきの無垢床が心地よい、スタディカウンターのある家』

ありがとうございます。完成見学会はご好評をいただき、終了いたしました。

今回の見学会は、30代子育て世代の仲良し3人家族のお宅です。
お客様との出会いは今年最初の完成見学会。ひと目で「平野木材の木の家」を気に入っていただき、一緒に土地探しからスタートすることになりました。

子育て世代にちょうどいい32坪の家。
わんぱくな男の子が素足で過ごせる無垢の『桧フローリング』。家族仲良くずっとリビングで過ごしたい・・・そんなご夫婦のご希望から、勉強する子供を見守れる『スタディカウンター』。望む暮らしをお伺いし、打ち合わせを重ね、木の家で子育てしたいというご家族の「暮らし楽しむ木の住まい」が完成いたしました。
女性設計士による細やかな気配りや、収納片付けのプロであるレジデンシャルオーガナイザーによる収納アドバイスも活かされています。

是非この機会に、見て触って感じて、これからの住まいづくりの参考にしてください。


写真ギャラリー


太陽が降りそそぐ明るいLDK。天井も高く風も抜けて開放的。奥様セレクトの赤いキッチン。電動昇降のキャビネットが便利無垢の木のスタディデスク。子供さんの宿題やパソコン趣味にと多目的に利用できます。ひのき無垢フローリング。飾り棚とガラス扉が出迎えてくれる玄関隠れ家的和室は、機能的な和紙畳を使用。背面の壁紙がポイントのおしゃれなトイレ清潔な洗面所。桧天井は調湿作用があります。

セミナーを開催いたします(終了いたしました)

今回の新築完成見学会では、施主様のご好意により、見学会会場でセミナーも開催させていただきます。
ぜひ、見学とご一緒にセミナーにもご参加ください。

お問い合わせフォームから、お気軽にお申し込みください。

片付かない住まいをつくらないためのセミナー

第1回セミナー 『想いをカタチに』 
11月5(土)13:30-15:00 参加費無料 予約制 限定6名様


今回は見学会会場に講師をお招きして講座を開催します。
このセミナーは3つの講座で構成されていて、今回はそのうちの第1回にご参加いただきます。

このセミナーにご参加いただくと……
■楽に片付く家の仕組みがわかります!
■自分がどんな暮らしを望んでいるのかが分かります!
■自分が大切にしている事がわかります!
■今の住まいの良いところ、不満なところがわかります!
■ストレスのない暮らしが見つかります!


セミナー詳細はこちらからご覧ください。
→ 片づかない住まいをつくらないためのセミナー 2016年11月


パッシブデザインセミナー

11月3日(祝) 11:00-12:00  14:00~15:00 ※2回開催 参加費無料

♪「暖かい涼しい」「明るい」「風が通る」このすべてを満たす家こそが快適住まいです。
♪快適な省エネ住宅をつくるには、パッシブデザインの考え方がとても重要です。

ご一緒に快適で地球にもやさしい住まいについて考えましょう。


プチ利き脳セミナー

11月6日(日) 11:00-12:00  14:00~15:00 ※2回開催 参加費無料

利き脳整理術 ~心地よいくらしをもとめて~
♪「オーガナイズ」という手法による収納を考える
♪「利き脳とは?」自分を知り、自分に合った収納方法を考える

片づかない住まいをつくらないためのセミナー 2016年11月

片づかない住まいをつくらないためのセミナー

快適な住まい創りを目指して
片づかない住まいをつくらないためのセミナー 片づく×ご機嫌・家づくり を開催します!

ありがとうございます。セミナーはご好評をいただき、終了いたしました。

今回はお施主様のご好意により新築完成見学会会場に講師をお招きしてセミナーを開催します。
このセミナーは3つの講座で構成されていて、今回はそのうちの第1回にご参加いただきます。

是非参加していただき、「モノに埋もれない、生活の質を高める住まい・暮らし」を実現するためのヒントにしていただきたいと思います。


第1回セミナー 「想い」をカタチに

住まい(家)を新しくする時には、たくさんのプロとコミュニケーションをとります。
あなたの「想い」をしっかり伝えて、「こんなはずじゃなかった……」と後悔しないために、
「家づくりプロフィール」を作成します。


思考を整理する事で、ほんとうにほしい暮らしを見える化します。

 ■セミナースケジュール

  1 家作りで大切な「思考のオーガナイズ」
  2 知らないと大変!家づくり「3つの落とし穴」
  3 家づくりの想いを形にするワーク

  ワーク1 プロフィールの見える化
  ワーク2 暮らしの価値観シート
  ワーク3 暮らしの「ご機嫌」「ストレス」を見える化シート

片づかない住まいをつくらないためのセミナー講師プロフィール

2016年10月05日

片づかない住まいをつくらないためのセミナーのご報告

2016年9月25日
「片づかない住まいを作らないためのセミナー」
片付く×ご機嫌・家づくり 
第1回セミナーを行いました。

今回は3部構成の第1部。

参加者の皆様と楽しい雰囲気の中セミナーを行うことが出来ました。
嬉しいことにご希望の方が多く会場を変更しての開催となりました。

講師の右近さん、ご参加の皆様ありがとうございました。

第2部もよろしくお願い致します。

セミナーの詳細は、社長ブログをご覧ください。

  1. ホーム
  2. 2016年09月«2016年10月»2016年11月